ココを押えよう!PCの安全対策

ココを押えよう!PCの安全対策

パソコンの動作に遅延を感じたら診断してみよう

パソコンはほぼ毎日使用している人が増えたものです。スマートフォンの普及で朝から夜までネット漬けになる人もいるかと思います。パソコンなどは長年使用し続けることで、必ず寿命が来るものです。パソコンの故障などの原因として一番多く挙げられるのがハードディスクの寿命や故障です。起動が遅くなったり、動作が遅くなるのはハードディスクに原因があると言えます。悪くなった状態を放置し続けると、最悪パソコンを起動できなくなってしまうので、起動や動作が遅くなってきたと感じた場合はパソコンの検査、や診断を行いましょう。自分で行う事も出来なくはないですが、検査や診断を行ってくれる店に依頼する方が安全と言えます。

ハードディスクはパソコンだけに搭載されているものではありません。ビデオレコーダー、ビデオカメラ、ゲーム機など多くのものに使われていますが、ハードディスクは振動に弱いので気を付ける必要があります。ハードディスクの寿命は5年から6年くらいと言われています。毎日使用した場合の計算ですのでそれ以上の期間使用できるとも言えます。膨大な情報を貯めて置くことで、パソコンなどは起動や動作が遅くなったりしますので、定期的に不要なデータやソフトなどを削除することもハードディスクを労わるうえでは大切です。近年は外付けハードディスクが販売されているので、外付けハードディスクにソフトの取り込みや録画をしていった方がハードディスクに寿命が来た時でも、新しい外付けハードディスクを購入するだけで助かります。